業務・操業を止めない
床の傾き・沈下修正工法

「テラテック樹脂」をコンクリート土間床下に注入し、
その膨張力で床下の空洞を埋め、沈下した床を水平にする特許工法です。
床を壊さずに施工できるため、機械や設備、荷物を撤去する必要がありません。

手順1

事前の調査で床下の空洞量や床の沈下量を確認。直径6mmの小さい注入孔を削孔し、テラテック樹脂を注入します。

※床の構造や沈下状況により16mm孔となる場合があります。

手順2

注入されたテラテック樹脂は広がりながら膨張し、床下の空洞を埋めます。

手順3

樹脂の膨張力で床を押し上げます。
技術者がミリ単位の精度で計測を行いながら、沈下しした床を水平にします。

材料の硬化が早いため、施工後すぐに施工場所の通常使用が可能です。

テラテック工法の特長

特長

業務を止めない短時間施工

  • 床を壊さない
  • 業務や営業を止めない施工が可能
  • 設備(機械・棚)や荷物の移動が不要
  • 8時間で150㎡~200㎡の施工が可能
  • 3tプラント車でコンパクトな施工
  • 産廃処理も最小限

特長

信頼の施工技術と実績

  • 施工実績累計4000件以上
  • 365日24時間施工対応
  • 技術者が土間レベルをミリ単位で管理
  • 6mmの小さな注入孔でコンクリート土間床への負担を低減

特長

安心の特許工法

  • 特許番号 第4896949号
    「沈下床の修正工法」

施工例

施工例1 
ショッピングセンター:地盤沈下で発生したシャッター下の隙間

施工例1 前後

施工例2 
自動車整備工場格納庫:出入り口の大きな段差

施工例2 前後

テラテック工法の動画閲覧はこちら

テラテック工法の施工について(実写版)

テラテック工法の実際の施工動画(タイムラプス)

テラテック工法のカタログダウンロードはこちら

テラテック工法カタログ1 テラテック工法カタログ2

卓越した専門技術者による最適な施工、工事をご提供させて頂きます。
まずは、お気軽にお問合せ、お見積りをご依頼下さい。

お電話でのお問い合わせ

076-451-7142

メールでのお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求
Copyright (C) 2006
SEIDA KENTETSU Co.,Ltd. All Rights Reserved.